相川 陽介

Yohsuke Aikawa


声の芸術家 相川陽介


ナポリ在住。歌手、ボイストレーナー。

九州生まれ、九州育ち。

高校卒業後、国連事務総長を目指して上京。

早稲田大学法学部中退。

国連人口基金にてインターンシップ勤務、ルーマニア平和研究所にて平和学を学ぶ。

帰国後、経営コンサルティング会社、コミッション営業会社でビジネス実務を学ぶ。


2006年7月17日、声の芸術家としての活動を開始。


イタリア・ボローニャでミケンランジェロ・クルティス氏、

イタリア・カゼルタでマリレナ・ラウレンツァ氏からベルカント唱法を学ぶ。

京都・大原の天台宗浄蓮華院住職・多岐氏から邦楽の声の源流、声明を学ぶ。

日本舞踊と剣術を小倉で、二刀流剣道を東京武蔵野にて学ぶ。


2013年の9月からナポリに移住。 以来、イタリアだけで通算510ステージに立つ。

3日で7万人が来場するイタリア最大の東洋文化イベント「フェスティバルオリエンテ」にレギュラー出演。

ラジオ、新聞掲載多数。

ミラノ、トリノ、ボローニャ、ヴェネツィア、ローマ、ナポリ、

シチリア、パリ、シンガポール、ロンドン、ドバイなど、世界各地で活躍中。

2017年6月イランに進出。

詩人の街シーラーズに滞在中に家をプレゼントされ、第三の故郷とする。

イランでペルシア語の歌をうたった動画が300万回再生される。


歌、朗読、ナレーション、司会、落語、

ナポリ民謡、ポップス、日本歌曲、声明、剣舞など、様々なジャンルのパフォーマンスを駆使。


また、2007年からボイストレーナーとしてのべ4000人を指導。

人気モデル押切 もえ氏はじめ、著名人の門下生多数。企業研修、四年生大学での導入有り。

2010年声から人生を紐解く「ソラオト四つの声診断」を開発。

2016年に「ソラオトボイストレーニングDVDコース」をリリース。


・ameba公式ブログ「声の芸術家相川陽介ブログ」

http://ameblo.jp/voice-artist


オンラインサロン



直接聞ける話せる繋がれる!ソラオトオンラインサロン

ブログ更新情報


声の芸術家 新・相川陽介のブログ Powered by Ameba

贅の極み!銀閣寺界隈の白沙村荘にて。 (土, 19 9月 2020)
こちらは銀閣寺界隈の橋本関雪記念館、仲良くしていただいている瓦職人の庄司さんの計らい。感謝😍それにしても美しい日本庭園!東京からいらしたアニメ会社の社長さんをお出迎え。ハス池の神々しさ、、どの建物も石の上に置かれている。日本建築すごい!この岩は、続きをみる 『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』
>> 続きを読む

魚料理にすっかりハマった。 (Sat, 19 Sep 2020)
この日は、京都の好きなお店の一つ、和さびさんへ。7月からお世話になっている剣道場から歩いて五分!とても近いこちらは大将と女将がとてもステキ😍一流のお料理とおもてなしが本当に心地よいお店である。こちらはウナギこちらのおばんざいには、旬の金太郎イワシが!大阪湾で獲れる貴重なイワシさらにこのだし巻き卵に圧巻なんて美しいんだ😅感動です、、そうして続きをみる 『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』
>> 続きを読む

「考える」と「想う」を区別すること (Fri, 18 Sep 2020)
「どういうものを意識して食べてらっしゃいますか?」「ぬ」「僕はいつも水を2リットルペットボトルで持ち運んで、なるべくお酒やコーヒーを飲まないようにしてます。それに濃縮還元のドリンクじゃなくて、ジュースを飲みたいと思っています。食べたものが自分の体になるわけですもんね」「いいね」「はい!普段は夢を叶えるための勉強や仕事で忙しいですけれど、なるべく野菜を食べるように気を付けてます。そこでお聞きしたいことがあるんです」「うむ」「肉はお食べになりますか?」「うん。食べるけど」「そうですか。というのは、仏教の教えでは殺生を禁じていますよね。肉と魚は食べないと。それにキリスト教やイスラムの教えでも、断食の習慣があるようです。それにニューエイジの考え方では、牛肉を食べることがCO2増加に繋がり、生態系の破壊に繋がるから牛肉を食べるべきでないと教えています」「らしいね」「相川さんが悟りを拓かれた時に、食生活はお変わりにならなかったんですか?例えばお酒を飲まなくなったとか」「いや、ガンガン飲む。というか、食に関してはもともと悟りレベルだったから」「ええとそれはどういう意味でしょうか?」「確かに君がいうように、食事は大切だ。一口一口、美味しくありがたく頂戴するものだと思うよ。だけれどね、過度な節制は不自然な緊張を生む。それは、世界各地でベジタリアンの人々を観察していてそう思うのだよ」「ベジタリアンですか。ビーガンの方とか?」「そう。私自身も1週間、主食キャベツという食生活を試したことがあるけど、あんまり意味なかったな」「キャベツ!」「そう、キャベツ。ベジタリアンだろうとビーガンだろうと、肉ばっかり食べる食生活でも、自分が食べたいものを食べたいように食べるっていうのが良いと思うよ。それは同様に石油や天然ガスなどの地球に埋蔵された資源を消費することについても同様だと思う」「それは、省エネばかりを気にすることはないということですか?」「そう。確かに、600年後の宇宙人たちの視点から言っても地球環境は悪化している。しかしそれはCO2を減らしたから解決というものではなく、自分さえよければいいという身勝手な思い込みが引き起こしているわけだからね」「はい、おっしゃる通りだと思います。国連が提唱するSDGSにしても、持続可能な社会に転換することが急務ですし、サステイナビリティなきビジネスはもはや成り立たない時代になっているのだと思います」「うむ。しかしね、大切なことを忘れてはいけないよ。それは、君がどうしたいかである」「・・・ええと、それは何についてでしょうか?」「真夏、ものすごく暑い時、エアコンつけるかね?」「ええ、それは付けます。暑いし。でも健康と地球環境のことを考えたら、扇風機や、窓の外にグリーンカーテンを仕込むとか遮光カーテンを用意するとかした方がいいのかなとは考えますね」「真面目だね」「ところで、先ほどおっしゃった『600年後の宇宙人の視点』というのは一体なんのことでしょうか?」「いずれ解説する。でね、過度な節制は思わぬ結果につながるということをもう少し話しておきたいのだ。 君はすごく真面目で自分の意思で行動をある程度コントロールできる。そうだね?」「ええ、そのように心がけてます。将来叶えたい夢がありますので」「だからこそ、自分を大切にすること。自分の感性や、体の声、魂の声にじっくり耳を傾けることだ」「はい」「水2リットル、重たくないかね?」「ええ、重たいです」「ない方が楽じゃない?」「はい楽です。でも、いちいちコンビニで買うのはお金の無駄遣いかなって。ウチの浄水器でペットボトルにリフィルした方が経済的かなと思っちゃうんです」「それは『思っちゃう』じゃなくて『考えちゃう』の間違いだよ。細かいけれど、こういうところを大切にすることだ。『思う』と『考える』を厳密に使い分けてご覧。これが今日一番大切なアドバイスだよ」「思う、と考える・・・・それは英語でいうthinkとfeelの違いということでしょうか?」「そう。世界の高学歴な人々がよくする過ちは、気持ちよりロジックを優先してしまうことだ。ポピュリズムの台頭を見てご覧。ヒラリーさんの選挙演説を分析したのだけれど、まぁ論理的かつ具体的で、アメリカらしい知性そのものだったのに、ストレートな物言いをするトランプさんに敗れ去ったね」「そうですね、そういうこともありました。エルサレム首都移転承認であるとか、トランプさんの感情的なものいいにはなんだか怖い気がするけれど、スカッとする側面もあるなと感じます」「そうそう。それは『感じる』だね!考える、じゃない。そういうこと。世界というのは、自分が世界だと思うものが世界なのだよ。空即色、色即是空はそういう意味が込められているのだからね」「般若心経ですね!まさか食についての質問から、これだけの話に発展するとは思ってもみませんでした!」「そうそう、それは思う、ってことでいいだろうね。で、くだんの無理してるベジタリアンさんたちのことだがね、体は肉食べたいと声を上げているのに、思考でそれを封じようとしているわけだ。その積み重ねがストレスの蓄積につながり、とてもキレやすい体質になっているようだ」「そうですか!僕の周りにベジタリアンはいないし、残念ながらフツウのファーストフードの人たちがほとんどです。本当はもっとオーセンティックな日本食やフレンチを食べてみたいんですけれど、予算がなくて」「うむ。無理せず、自分が安心して出せる予算の中で、体が欲するものを選ぶことだ」「でも、相川さん、体が欲するものばかり食べてたらデブになりませんか?いや、肥満体型になる可能性が高まってしまうのではありませんか?」「言い直したね。そこはデブでええやん」「いやいや、自己管理ができなくてデブになってる方もいるでしょうけど、遺伝的体質によって止むを得ず太ってる方もいるでしょうから、人を傷つける恐れがある言葉は慎重に使った方がよいのではありませんか?」「それについては『シビリティ続きをみる 『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』
>> 続きを読む