好きに生きるために〜スタバでできるボイトレとは

 

好きに生きたらいいって言われても。
 
そんなん理想論やん!
 
そんなんお花畑やん!
 
そんなん一部の才能ある人だけの特権やん!!
 
って、即座に断念してしまうのが当たり前だと思う。
 
 
あなたがもし、平日の夕方、駅前のスタバにいたとする。
 
周りに何が見える?
 
難しい顔をしてパソコンに向かっている人。
 
眉間にシワを寄せて腕を組んで目を閉じて寝ている?かのような人。
 
分厚い参考書を開いて勉強している風な学生さん。
 
 
あなたがもし、平日朝の新宿駅にいたとする。
 
一方向に進む人の群れ。
 
グレーと黒、よくベージュのコートに身を包んだ人たちが。
 
下を向いて歩いていく。
 
耳にはガッチリとイヤホンだ。
 
なんで?聴きたい音楽があるから?
 
それとも語学の勉強しているから?
 
あなたはこうして、私が今お話ししていることに耳を傾けてくれている。
 
それはとてもありがたいことだ。
 
これから私がいうことを、実行するもしないも自由だ。
 
でも、やるだけでちょっと人生が変わることだろう!
 
 
ということで今日のボイトレ!!
①スタバに行く時、自分の無限に広がる夢を紙に書き出す。そしてブツブツ声に出す
 
 
 
以上。
 
そもそも、私が天から与えられた役割は、誰もが本来の自分を生きられるようにお手伝いさせていただくこと。
 
本来の自分ってなに??
 
そりゃもう簡単!
 
好きに生きること、それだけ!
 
なんも難しいことないんです。
 
非日常空間、いいですよね!
 
ハワイ!ヨーロッパ!アメリカ!
 
でもね、非日常空間でしたリラックスできないっていうのはハードル高すぎると思うんですよ。
 
私はこんな感じに世界中回ってるし、好きなことばっかりやってるけど。
 
最初からそうだったわけでは決してない。
みなさんとおんなじように『やらなければならない』と『どうせ私なんて』『まだまだ』という呪縛と共に、今も生きていますよ。
 
生徒さんやフォロワーさんから学ぶことも多いです💦
 
ほら、人類の進化って、アフリカの森から草原へ『逸脱』したおサルさんから始まったっていうじゃないですか。
やっぱりね、ヒトが進化する時って、当たり前からちょっと『逸脱する』ことによって起こると思うんですよ。
だって、今じゃヒトは火星に行こうとしているけど。
イキナリ火星だったわけじゃない。
まず月に行ったんだし。
その前に宇宙に行くまで何万年もかかってるんだから。
でも森から草原へ、つまりほんの少し、木から降りて森へ出るだけっていう『逸脱』から始まったんです。
ね?
あーーー
それくらいならできそうだなーーー
って、どうですか??
駅でスキップ!!いいね!
スタバで夢を膨らませる!!
 
声に出す!
やってる人なんて見ないじゃないですか。
恥ずかしいですよね。
絶対目立つし。
でも、木から降りて草原へ歩いて行った最初のサルも、すっごい怖かったし恥ずかしかったでしょうね。
他のサルがみんなザワザワ!!
おい!あいつどこ行くんだ!?
トラとかライオンいるぞ!!危ないぞ!!
気が狂ったか?!
わかりますよね。
そのサルになっちゃってください!!
面白いもので。
一人っきりの恥ずかしい非常識なヤツ・・・と最初は思うかもしれないけど。
実は草原にはすでにたくさん住人がいるんですよ。
自由に、自分らしく、好きなように生きている人たちが。
世界を飛び回る人もいるし。
一箇所に止まって、大好きな家族と幸せに暮らす人もいるし。
ファッションや文化を探求してワクワクして生きる人もいるし。
忍者にハマって毎日コツコツトレーニングしている人や。
黙々と船の模型なんて作ってる人もいるし。
そして意外なほどに、お金は後からついてくるし。
意外なほどに、誰からもニーズがなさそうなものほど、コアなファンがつくもんです。
じゃなきゃ、私がやってる声の芸術家なんて仕事が十五年にわたって成り立つわけないじゃないですか!
変わり者には、変わり者の支持者がつく。
ありがたや。
さて。
あなたは何者??
その他大勢??
答えてみてください。
スピーク!
ちょっと元気でたなーという方はいいね!フェイスブック・ツイッターでシェアお願いします!!